Pocket

時雨殿って?任天堂が手がけたテーマパークについて

任天堂とユニバーサルパーク&リゾートが提携し、新しいテーマパークを展開する!

というニュースが入りましたね。

任天堂といえば、マリオ・ルイージ・クッパ…数々のキャラクターを生み出しており、今後どんなテーマパークが完成するか楽しみですね。

ところで任天堂関係で、以前にテーマパークを作っています。

名前は「時雨殿(しぐれでん)」

このテーマパークはどんなものなのか調べてみました。

sigureden0

 

時雨殿ってどんなテーマパーク

時雨殿とは

京都にある「小倉百人一首」をテーマとした施設です。

私も「任天堂の…」と聞いたときは、

もっとゲーム寄りのデジタルなテーマパークを想像していたのですが

調べてみたら「小倉百人一首」でした(笑)

渋いですねぇ

 

テーマは渋いですが、施設はなかなかハイテクです。

1階は45インチのディスプレイを70台敷き詰めたフロアビジョンとなっており

かるたの映像や京都にまつわる映像が映し出されていました。

また、バーチャル歌人との「かるた取り」が出来たりしていました。

 

時雨殿と任天堂の関係

この時雨殿は2006年に開館しました。

任天堂の山内溥が個人的に建設費用21円を負担し、

宮崎茂がプロデュース

任天堂は技術面をサポート

と任天堂色がかなり強いものでした。

 

ただし、上述のようなハイテク展示も含め

2012年にリニューアルしています。

リニューアル後は趣をガラリと変更し

百人一首博物館的なまじめな?ものに変わっています。

このタイミングで、多くを占めていた任天堂関係の役員も退任しました。

現在の時雨殿は、いたって真面目です。

 

テーマパーク時雨殿

所在地:
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11

アクセス:
京福嵐山駅から徒歩約10分
JR嵯峨嵐山駅、阪急嵐山駅から徒歩約15分

入館料:
高校生以上500円
小中学生300円

 

興味のある方は、どうぞ!