Pocket

映画「きみはいい子」あらすじ・ネタバレについて

今年唯一のモスクワ国際映画祭に選ばれた日本映画、

「きみはいい子」に注目です。

主演は高良健吾さん、尾野真千子さんと豪華なキャスト。

この映画について

あらすじ(一部ネタバレ)をまとめました。

kimiha1

 

映画「きみはいい子」の解説

この映画の原作は

「大28回坪田譲治文学賞」や「2013年度本屋大賞」4位に選ばれた小説。

作者は中脇初枝さん。

幼児虐待やいじめ、学級崩壊といった身近な家庭・学校の問題をベースに描かれた5編からなる短編集。

タイトルは同名の「きみはいい子」。

映画の監督は、「そこのみにて光輝く」などの呉美穂監督。

この作品は、

モントリオール世界映画祭最優秀監督賞をはじめ、

数々の映画賞を撮った話題の監督です。

kimiha2

 

映画「きみはいい子」のあらずし(ネタバレ注意!)

主な人物は3人。

小学校教師の岡野(高良健吾)。

彼は、まじめな青年であるが、優柔不断な性格。

問題に対して真正面から立ち向かうことができず、

いつも肝心なところで逃げてします。

受け持つ4年2組の生徒もなかなか、なついてくれずに悩む。

恋人ともうまくいっていない。

 

2人めは、

3歳の娘のいる母親 雅美(小埜真千子)。

夫は海外に単身赴任していて、娘と二人で暮らしている。

ママ友付き合いも表面的な薄っぺらい付き合い。

家では娘に度々暴力をふるってしまう。

自分自身も幼いころ親に暴力を振るわれた過去を持つ。

 

最後は、

一人暮らしの老人 あきこ(喜多道枝)。

最近認知症が始まったのではないかと怯えている。

一人暮らしであるがゆえに寂しい毎日を過ごし、

登下校であいさつをしてくれる小学生が唯一の会話。

 

この3人が同じ街で暮らしている。

そして物語の中で、

それぞれの人生がさまざまな局面で交差している。

それぞれが、それぞれの悩みを抱えながら…。

 

3人は、次第に人と人とのつながりに希望の光を見出し、

一歩一歩前に歩み始める。

それぞれの人生の再生を真摯に描いた作品です。

 

映画「きみはいい子」の劇場公開予定

映画「きみはいい子」は6/27より公開です。

現時点では31劇場での公開を予定しています。

昨日の「モントリオール国際映画祭」出展をうけて

劇場はさらに増えるかもしれませんね。

 

話題の映画です。お見逃しなく!