Pocket

浅野敏雄(旭化成社長)の経歴がエリート!

先日、謝罪会見を行った旭化成の社長「浅野敏雄」さん。

マンションの基礎工事でデータ改ざんということで

世間への負のインパクトは想像を絶するものですが

それと同じくらい、浅野敏雄社長の涙ながらの謝罪もかなりのものでした。

そんな彼が気になり経歴を調べた、凄い内容でしたのでお知らせします。

 

旭化成社長「浅野敏雄」涙の謝罪会見

今回の事件は

横浜市のマンション「パークシティLaLa横浜」が

一棟傾いたことがことの発端です。

原因は、基礎工事で行う地底の硬い地盤への杭打ちが不十分だったこと。

その工事を請け負ったのは、旭化成建材。

旭化成の子会社です。

というわけで、

親会社である旭化成の浅野敏雄社長も謝罪会見に出てきたわけですね。

 

旭化成社長「浅野敏雄」の経歴

ちょっと気になる人物だったので経歴を調べてみなのですが

エリート街道まっしぐらの輝かしい人物でした。

 

生まれは1952年。富山県の出身です。

謝罪会見をした現在は63歳ですね。

高校は県下トップクラスの高岡高校。

大学は・・・・東京大学!!

それも薬学部です。

私の知り合いにも薬学部の人いるんですが、

身についけなくてはいけない知識が多く、また常に情報が進化していきとても大変な分野ですよね。

 

そんな東京大学薬学部を卒業した浅野敏雄さんは

旭化成工業(現在の旭化成ですね)に入社。

その豊富な知識と頭の良さをかわれ、

医薬品の研究開発を行う部門で在籍していました。

その後は

2001年 ライフサイエンス総合研究所所長

2010年 旭化成ファーマ執行役員から同社社長に。

2011年 旭化成執行役員

2014年 旭化成社長

そして同6月に代表取締役社長に就任しました。

 

いやいや、順風満帆の出世ですね。

 

でも代表取締役に就任した直後のこの事件は、ちょっとかわいそうかな。

 

浅野敏雄の経歴に傷…社長退任も?

記者会見でも問われていましたが、

今後の社長の進退も気になりますよね。

まぁ、今回の問題原因を作りこんだ時期は、浅野敏雄さんは社長ではないわけで

直接の責任はないのかもしれませんが。。

 

問題は、これからのこの事件に対する対応の仕方でしよね。

原因の説明や謝罪・保障において

発言が「のらりくらり」していると世間から大きな非難を受けてしまいます。

あまりに、それが強くなると「社長退任」なんてこともあり得ますよね。

 

一生に一度の買い物と言われるマンションに対する不正ですから

しっかり対応していってもらいたいものです。

 

ょy