Pocket

小保方晴子は現在どうしているか【最新情報】

昨年STAP細胞発見で話題となった「小保方晴子」さん。

その後の一連のねつ造疑惑騒動はご存じのとおりです。

そして今度は「博士号取り消し」の報道が…。

小保方晴子さんは、現在どうしているのでしょうか。

 

小保方晴子さんのプロフィール

まずは、小保方晴子さんの理化学研究員までのプロフィールをまとめます。

小保方 晴子(おぼかた はるこ)

1983年9月23日生まれ。出生は千葉県松戸市です。

学歴は、東邦大学付属東邦高等学校から早稲田大学理工学部応用科学科に進み、修士課程を修了しています。

その後2011年に早稲田大学大学院で博士課程を修了。

2011年4月から今回の騒動の舞台となる理化学研究所の客員研究員となえる。

早稲田大学卒業後は、一度ハーバードメディカルスクールの研究員などもしており、理系研究員としての道を順風満帆に進んでいました。

obokataha0

小保方晴子 現在までの疑惑の経緯

2011年に理化学研究所の研究員となってからは、2013年の血球ユニットリーダーを経て、当時のSTAP細胞研究の発表に至っています。

2014年1月 STAP細胞研究を報道陣に発表

2014年の7月のSTAP論文の撤回までの経緯はご存じのとおり。

私自身も、はじめは小保方晴子さんの味方(気持ちは)だったのですが、

「研究結果画像の不正」

「第三者立ち合いのもとでの実験の再現が一度も成功しなかったこと」

この点は発覚した後は、やはり小保方さんの研究成果を疑わざる負えない状況となりました。

 

小保方晴子の現在は?最新情報!

その後、小保方晴子さんは現在までどうしているのでしょうか。

2014年10月には猶予付きながら「学位の取り消し」処分を受けました。

2014年12月21日 小保方晴子さんは、理化学研究所を「依願退職」しています。

その後、表舞台から完全に姿を消し、諸々の発言は弁護士を通じたものばかりでした。

その後「小保方晴子さん自身の現在」的な情報が出たのは、2015年5月。

それによると、退職後は神戸市内のマンションで生活をしているそうで「体調・精神状態がよくなく、部屋に引きこもり気味」状態だそうです。

「結婚をした」との噂も出回っていたのですが、これは嘘情報のようですね。

そもそも婚約者がいると本人自身は発言されていました、これ自体がねつ造だとか…。