Pocket

最近ゴシップネタによくあがる氷川きよしに代わる

新たなスター「川上大輔」を知っていますか?

「プラチナボイス」

「和流スター」

などと言われ、最近ちょこちょこメディアにも取り上げられています。

大注目の川上大輔ですが

氷川きよしと同系統だけに評判が気になるところ…。

いろいろ川上大輔について調べててみました。

 

川上大輔のプロフィール

  • 川上 大輔(かわかみ だいすけ)
  • 1984年11月12日生まれ
  • 東京都出身
  • 身長180cm
  • 体重66kg

kawakami1

デビュー曲は「ベサメ・ムーチョ」という曲です。

この曲は、

1940年にメキシコ人によって書かれたもので

後に数々のアーティストによってカバーされた名曲です。

ビートルズもカバーしていたようですが、

日本では桂銀淑歌っていことで有名ですね。

実際、川上大輔の「ベサメ・ムーチョ」は

USEN HIT演歌/歌謡曲ランニングで1位になり話題となりました。

 

川上大輔の評判はどうなの?

歌手となることを決意したのは大学生のころで

それまでは、専門の訓練を受けたわけでもなく

ただカラオケに行くだけの青年であったようです。

オーディションを受けても、独学であるがゆえに

厳しい指摘を受けるようであったようです。

その後、ボイストレーニングを受けながら

地道に歌の活動を続け、あのボイスを手に入れていたようです。

街頭ライブも行っていて、

当時からプラチナボイスは健在で

甘いルックスと美声はデビュー前から話題だっとそうです。

そんな川上大輔も

デビューまで3年かかったており

デビューを夢みて

食生活、お酒生活に気を付けた規則正しい生活を

心がけていたそうです。

歌は人間性でてしまうということで、内面の鍛錬も怠らずに頑張っていました。

その甲斐あり、

デビュー後は、ファンだけでなく同業の芸能界からも

川上大輔の人間としての評判は上々のようです。

「穏やかでまじめ」「上品で優しい」

このような評判のようです。

 

音楽の才能に恵まれ、人間としての評判も上々。

さわやかで甘いマスク。

 

歌謡界の新星スターとなるべき頑張ってください。